R: sprintf()で数字の桁数を調整する

ハザード比の桁数を揃えて表示したいときに役に立つのがsprintfコマンドです。

spirntf(“%x.yf”, 数値)

x = 表示する桁数、y = 小数点以下の桁数

sprintf(“%6.2f”, 0.923847)ならば、小数点以下2桁、全体で6桁ですので、下記の通りです。[s]はスペースを表します。

[s][s]0.92

sprintf(“%5.3f”, 0.923847)ならば、

0.923

です。なお、sprintfの戻り値は数値ではなく、文字列ですので、ご注意下さい。