Stata15をインストールする(windows編)

Stata 15をWindows 10にインストールしましょう。SetupStata15.exeをダブルクリックしインストールを開始します。Nextをクリックします。

Software License Agreementが表示されるので、I accept the license agreementを選択し、Nextをクリックします。

名前と組織名を入力し、Nextをクリックします。

Stata/SE (Standard Edition)をチェックして、Nextをクリックします。

インストール先はデフォルト設定のままでいいので、Nextをクリックします。

ファイルの保存先はデフォルトのままでOKです。Nextをクリックします。

Stata15/SEのインストールを開始しましょう。Nextをクリックします。

インストールが進行していますので、しばらくお待ち下さい。

下記の画面が表示されれば、インストールは完了です。Finishをクリックします。

アプリケーションStataSEをクリックして、Stataを起動します。

初回起動時にはライセンス登録画面が表示されます。License and Activation Keyに記載されているserial number, code, authorizationを入力し、次へをクリックして下さい。

今回利用するStataは期間限定のコースライセンスですので、利用者登録する必要はありません。Register Stata onlineのチェックを外して、Finishをクリックして下さい。

下記の画面が表示されれば、インストール完了です。アップデートのチェックを勧められるので、今すぐ更新プログラムをチェックするをチェックして、OKをクリックしましょう。

最初のアップデートはしばらく時間がかかります。これで初期設定は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください