腎アミロイドーシスガイドライン2020

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 アミロイドーシスに関する調査研究班が、腎アミロイドーシスガイドライン 2020を発表しました。

総論とCQから構成されています。下記の8項目がCQとして取り上げられています。

  1. 免疫グロブリン性(AL/AH/AHL 型)腎アミロイドーシスの臨床的な特徴は何か?
  2. 腎機能障害があるとき血清 FLC 異常はどのように判断すべきか?
  3. 腎アミロイドーシス診断における質量分析法は推奨されるか?
  4. 腎アミロイドーシスはネフローゼ症候群以外にどのような臨床症候分類をとるか?
  5. 腎アミロイドーシスの基礎疾患となる monoclonal gammopathy of renal significance (MGRS) とはなにか?
  6. AL 型腎アミロイドーシスと AA 型腎アミロイドーシスに腎予後の差はあるか?
  7. AA 型腎アミロイドーシスの治療として生物学的製剤は推奨されるか?
  8. 腎アミロイドーシスが原疾患でも腎移植は推奨されるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください