Mac: dein.vimを使って、Nvim-Rインストールする

neovimでは、様々な便利なパッケージが開発されています。neovimでRのプログラムを作成し、直接Rに流し込んで、その結果を確認することが可能です。Rのプログラムを思考のスピードで編集できれば、研究のスピードが大幅にアップします。

そんな夢を叶えてくれるneovimパッケージが、Nvim-Rです。

Nvim-Rホームページ https://github.com/Shougo/dein.vim

Nvim-Rのインストール方法は複数ありますが、今回は他のパッケージにも応用が効くパッケージ管理パッケージdein.vimを利用した方法を紹介します。

dein.vimをインストールする

まずは、dein.vim用ディレクトリを作成します。今回は、~/.cache/dein/にします。Terminalで下記のコマンドを実行します。

mkdir -p ~/.cache/dein

下記のコマンドを実行して、dein.vimをダウンロードして、インストールします。

curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
sh ./installer.sh ~/.cache/dein

dein.vimを使って、nvim-Rパッケージをインストールする

~/.config/nvim/init.vimをneovimで開いて、下記の設定を追記します。

if &compatible
  set nocompatible
endif
" Add the dein installation directory into runtimepath
set runtimepath+=~/.cache/dein/repos/github.com/Shougo/dein.vim

if dein#load_state('~/.cache/dein')
  call dein#begin('~/.cache/dein')

  call dein#add('jalvesaq/Nvim-R')

  call dein#end()
  call dein#save_state()
endif

filetype plugin indent on
syntax enable

ノーマルモードで、下記のコマンドを実行し、pluginを実行します。これで、Nvim-Rがインストールされます。

:call dein#install()

nvimからRを起動する

init.vimファイルを保存終了(:wqコマンド)してから、Rのプログラミングファイル temp.Rを作成して、開きます。

nvim temp.R

ノーマルモードで、”¥rf”と入力してみましょう。Rが起動します。

“i”で入力モードに移行し、現ディレクトリを表示するRコマンドgetwd()を入力します。”escape”でノーマルモードに戻ってから、”¥l”を入力すれば、カーソルが存在する行のコマンドがRに送られて、現ディレクトリが表示されます。

これでneovim-rが機能しているのが確認できました。

temp.Rでプログラムを編集し、”¥l”でRにプログラムを飛ばせば、思考のスピードでRを動かせるというわけです。

neovimと同様に、Nvim-Rも様々な便利な機能をinit.vimファイルで設定することができます。自分好みに成長させることができるので、どんどん研究が進むようになりますよ。

Nvim-Rのコマンドは、下記URLのマニュアルで確認しましょう。

https://raw.githubusercontent.com/jalvesaq/Nvim-R/master/doc/Nvim-R.txt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください