Zoom: 不審者(荒らし)対策

2020年4月8日Zoomのセキュリティ対策の一環として、インターフェースが更新されました。Zoomを安全に利用するために、新しいインターフェースで下記の方法に実行する方法を紹介します。

  • 参加者一覧を表示し、不審者を強制排除する
  • 待機室を準備して、不審者を入室させない
  • 参加者全員をミュートする
  • 画面共有をホストのみに限定する

ミーティングIDやパスワードの設定方法については、ミーティングの予定を参加者に通知するをご覧ください。

参加者一覧を表示する

画面下の参加者ボタンをクリックして、参加者一覧を表示します。

不審人物をクリックして、詳細 > 削除 をクリックすれば、ミーティングから永久退場させられます。

待機室を準備する

待機室を準備するならば、画面下の「セキュリティ」ボタンあるいは参加者パネル下の「詳細」ボタンから「待機室を有効化」をONにしましょう。新規参加者はホストに入室を許可されるまで、待機室でずっと待ち続けることなります。

新規待機者が出た時点でチャイムをならすためには、参加者パネル下の詳細ボタンから「入退室時のチャイムの再生」をONにします。

待機室に送りたい参加者がいれば、詳細 > 待機室に送る をクリックすれば、強制的に待機室に移動させることが可能です。

参加者全員をミュートする

参加者全員をミュートしたければ、参加者パネルの最下段の「すべてミュート」をクリックします。

参加者自身でミュートを解除できないようにするならば、詳細の「参加者に自分のミュート解除を許可」のOFFにします。

入室時のデフォルトをミュートにしたければ、詳細の「開始時に参加者のミュートを設定」をONにします。

画面共有をホストのみに限定する

不審者が、画面共有を使って、不適切な画像を配信する可能性があります。画面の共有をホストのみに限定するならば、画面下のセキュリティボタンから「参加者に次を許可:画面を共有」をOFFにします。

100人の学生にオンライン講義をする場合と8人で研究の打ち合わせをする場合で、必要なセキュリティ設定は異なります。目的に応じて、上記設定を利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください