新型コロナウイルス感染症の診療の手引き

新型コロナウイルス感染症の診療の手引き(第1版)が発表されました。

令和元年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業  一類感染症等の患者発生時に備えた臨床的対応に関する研究によって作成された手引きです。

8人の先生方が作成に参加されています。大阪大学腎臓内科の先輩である倭正也も参加されていて、びっくりです。

  • 加藤康幸(国際医療福祉大学)
  • 西條政幸(国立感染症研究所)
  • 徳田浩一(東北大学),
  • 倭 正也(りんくう総合医療センター)
  • 馳 亮太(成田赤十字病院)
  • 忽那賢志(国立国際医療研究センター)
  • 氏家無限(国立国際医療研究センター)
  • 足立拓也(東京都保健医療公社豊島病院)

とてもきれいにまとめられており、とても役にたちそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください