2郡間の標準偏差SDを結合する

現在慢性腎臓病(CKD, chronic kidney disease)患者における運動の有効性を検討したランダム化比較試験を対象にしたsystematic reviewを行なっています。複数種類の運動による介入を同時に評価している論文もあるため、それらの運動の効果をまとめて評価しないといけません。平均値の結合は簡単ですが、標準偏差(SD, standard deviation)の結合はちょっとややこしいです。そんな時に便利なサイトを見つけました。症例数と平均値とSDを入力すれば、自動的に結合した結果を表示してくれます。これは便利です。

StatsToDo : Combine Means and SDs Into One Group Program
https://www.statstodo.com/CombineMeansSDs_Pgm.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください