CentOS 7にexFATデバイスをマウントする

exFAT形式のフラッシュメモリ内のデータを、CentOS 7に移そうとしましたが、そのままではフラッシュメモリにアクセスすることすらできません。

Linuxの標準ファイル形式はext4 (extended file system 4)です。CentOS7の標準ファイル形式は、ext4よりも拡張されているXFSですが、もちろんext4も利用可能です。私は、普段はMacを利用しているので、ポータブルメディアのファイル形式は、WindowsでもMacでもアクセスできるexFAT形式にしています。残念ながら、exFAT形式のメディアはCentOS7では自動的に利用できません。

exFATマウント用パッケージのインストール

CentOS7でexFAT形式のメディアを利用するためには、まずマウント用パッケージをインストールします。

$ su

# wget https://forensics.cert.org/cert-forensics-tools-release-el7.rpm

# rpm -Uvh cert-forensics-tools-release*rpm

# yum -y –enablerepo=forensics install exfat-utils

 

デバイスのマウント

接続されているデバイス番号を確認します。

# dmesg | grep sd

今回はsdc1 or sdc2として認識されていました。マウント用ディレクトリを作成し、とりあえずsdc1をマウントします。

# mkdir /mnt/usb-flash/

# mount.exfat /dev/sdc1 /mnt/usb-flash/

ERROR: exFAT file system is not found

残念ながらエラーが発生したので、sdc2をマウントしてみたら、うまくいきました。

# mount.exfat /dev/sdc2 /mnt/usb-flash/

# ls /mnt/usb-flash

 

デバイスのアンマウント

接続を解除する場合、umountでアンマウントします。unmountではないので、注意しましょう。

# umount /mnt/usb-flash/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください