chi-square検定の結果を確認する

論文を読んでいると、ときどき本当に結果が正しいのかと疑いたくなる時があります。chi-square検定ならば集計結果からP値を計算することが可能です。stataならばtabiコマンドにオプションchiを追加すると計算できます。

tabi n1 n2 n3 \ n4 n5 n6, chi

tabulateのimmediate formということで、tabiというコマンドを利用します。

neovimでstataコマンドのsyntax highlight

先日neovimエディタで、stataのdoファイルを編集し、stataのコマンドを実行する方法を紹介しました(neovimからstataを実行する)。デフォルト設定では、color schemeが機能せず、stataコマンドが全て白黒で表示されてしまい、入力ミスにも気がつけません。そこで、Stataのコマンドを自動的にhighlitするneovimプラグインstata-vimを導入してみました。

続きを読む

neovimからstataを実行する

私は、日常的なデータの管理にはRを利用しています。macあるいはcentosのterminalアプリケーションで.Rファイルを開き、nvim-Rを利用して、Rのコマンドを実行します。

Rは、初心者には敷居が高すぎるので、Stataを推奨しています。DoファイルエディタでStataのコマンドを編集しますが、どうも使い勝手がよくありません(neovimを比較すれば当たり前ですね・・・)。そこで、neovimでStataのコマンドを編集・実行できるプラグイン探してみました。

続きを読む