第11回若手腎臓内科医のための臨床研究セミナー(CRYN11)の参加登録を開始しました

注目

2020年3月1日(日)13時より大阪大学医学附属病院で、第11回若手腎臓内科医のための臨床研究セミナー(CRYN: Clinical Research seminar for Young Nephrologists)を開催します。今回は、交絡を調整する方法として、propensity scoreに注目します。その理論的背景を学んだ後、統計パッケージStataで実際にpropensity scoreを利用した解析の実習を行います。期間限定で利用できるStata(コースライセンス)を準備しますので、Stataをお持ちでない方も参加可能です。

続きを読む

第11回若手腎臓内科医のための臨床研究セミナーで使用するStata16のコースライセンスの配布を開始しました

2020年3月1日(日)に開催される第11回若手腎臓内科医のための臨床研究セミナーで使用するStata16/SEのコースライセンスのインストーラーの配布を開始しました。参加登録されたメールアドレスに、DropBoxフォルダの共有を設定しました。参加登録された方は、DropBox共有フォルダからインストーラーをダウンロードして、あらかじめ自分のPCにダウンロードしておいて下さい。

インストールの方法は、下記を参考してください。

続きを読む

Stata:生存解析の結果をまとめる

Stataを使って生存解析の解析を表にまとめましょう。

典型的なまとめ方は下記です。暴露因子は飲酒頻度・量であり、アウトカムは蛋白尿(尿蛋白≧1+)です。

続きを読む

日本ネフローゼ症候群コホート研究の第2報がアクセプトされました!

私がデータ管理人を担当している日本ネフローゼ症候群(Japan Nephrotic Syndrome Cohort Study: JNSCS)の第2報が、Clininical and Experimental Nephrologyに本日アクセプトされました。日本国内の55施設で診断された一次性ネフローゼ症候群患者374人の5年間の追跡の調査の結果です。

続きを読む